今、アトピー性皮膚炎について、先生と患者さんが 話しているのは、“悩み”ではなく“希望”です。

 

「あたらしい会話」とは

今ある症状だけを中心とした会話ではなく、患者さん自身が症状を改善して、どんな生活を送りたいか、具体的にやりたいこと、目指す未来を、医師と話し合いながら治療方針を決め、治療を進めていく会話です。

 

今、アトピー性皮膚炎について、

先生と患者さんが話しているのは、

“悩み”ではなく“希望”です。

 

「あたらしい会話」とは

今ある症状だけを中心とした会話ではなく、患者さん自身が症状を改善して、どんな生活を送りたいか、具体的にやりたいこと、目指す未来を、医師と話し合いながら治療方針を決め、治療を進めていく会話です。

あなたの毎日の生活に、アトピーのこんな悩みはありませんか?

毎朝、洋服を選ぶとき
毎日、シャワーを浴びるとき
毎晩、眠っているとき

アトピーの様々な症状が、あなたの快適な日常に影響を及ぼしていませんか?

あなた自身も気づいていない本当の想いを、一緒に生活してきたお洋服、シャワー、ベットたちは知っているかもしれません。

あなたの毎日の生活に、

アトピーのこんな悩みは

ありませんか?

毎朝、洋服を選ぶとき
毎日、シャワーを浴びるとき
毎晩、眠っているとき

アトピーの様々な症状が、あなたの快適な日常に影響を及ぼしていませんか?

あなた自身も気づいていない本当の想いを、一緒に生活してきたお洋服、シャワー、ベットたちは知っているかもしれません。

 

 

いつものアトピー性皮膚炎の治療で、こんなことで

困ったり、悩んだりしていませんか?

アトピー性皮膚炎は、様々な新しい治療法が登場し、患者さんの症状やニーズに併せて治療が選択できる時代になっています。
治療を開始する前に、目指すゴールを患者さんと医師が共有しておくと、患者さんの希望を理解したうえで医師が治療法を選択していくことができます。 治療法の選択肢が増え、患者さん一人ひとりの希望をふまえて治療法を選択できるようになった今こそ、診察室で医師と話す会話を新しく変えてみてはいかがでしょうか?

アトピー性皮膚炎と向き合うあなたが、あたらしい会話を知り、いま抱えている悩みや思いを解決していくためのメッセージをぜひご覧ください。



 

いつものアトピー性皮膚炎の治療で、

こんなことで困ったり、悩んだりしていませんか?

アトピー性皮膚炎は、様々な新しい治療法が登場し、患者さんの症状やニーズに併せて治療が選択できる時代になっています。
治療を開始する前に、目指すゴールを患者さんと医師が共有しておくと、患者さんの希望を理解したうえで医師が治療法を選択していくことができます。 治療法の選択肢が増え、患者さん一人ひとりの希望をふまえて治療法を選択できるようになった今こそ、診察室で医師と話す会話を新しく変えてみてはいかがでしょうか?

アトピー性皮膚炎と向き合うあなたが、あたらしい会話を知り、いま抱えている悩みや思いを解決していくためのメッセージをぜひご覧ください。



監修 江藤隆史先生
東京逓信病院 皮膚科 客員部長 / あたご皮フ科 副院長

医師と診察室で、アトピー性皮膚炎の

「あたらしい会話」を始めませんか?

治療を担当してくれる医師といつも診察室でどんな会話をしていますか?患者さんが望むような治療を受けるためには、もしかしたら、日々の診察室での「会話」を変えることが、望む治療への一歩になるかもしれません。あたらしい会話のヒントです。

 

 “かゆい”+◯○ “湿疹がある”+○○

○○に入るものは何でしょうか?

詳しくは動画でご覧ください。

監修 江藤隆史先生

東京逓信病院 皮膚科 客員部長 /
あたご皮フ科 副院長

医師と診察室で、アトピー性皮膚炎の
「あたらしい会話」を始めませんか?

治療を担当してくれる医師といつも診察室でどんな会話をしていますか?患者さんが望むような治療を受けるためには、もしかしたら、日々の診察室での「会話」を変えることが、望む治療への一歩になるかもしれません。あたらしい会話のヒントです。

 

“かゆい”+○○ “湿疹がある”+○○

○○に入るものは何でしょうか?

詳しくは動画でご覧ください。

自分の想いを気軽に医師に

伝えることができたらいいと思いませんか?

こんなことを考えたことはありませんか?

薬を塗り忘れたとき・・・先生に怒られる。

診察室で話したいけど・・・先生は忙しそう。

 

こんな心配から解放され、医師と患者さん、どちらが上でも下でもない、パートナーの関係って、どうすればできるのでしょうか?

自分の想いを気軽に医師に
伝えることができたらいいと思いませんか?

こんなことを考えたことはありませんか?

薬を塗り忘れたとき・・・先生に怒られる。

診察室で話したいけど・・・先生は忙しそう。

 

こんな心配から解放され、医師と患者さん、どちらが上でも下でもない、パートナーの関係って、どうすればできるのでしょうか?

アトピーが悪くなってしまったとき、どうしますか?

あたらしい会話を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

患者さんと医師が目標を一緒に決めて、治療を選んでいくあたらしい会話には一つの治療がうまくいかなくても、次のやり方を一緒に考えて進んでいけるというメリットがあります。

もしあなたがアトピーの治療をやめてしまった患者さんの一人だとしたら、会話の方法を変えてみるというやり方があるかもしれません。うまく治療を進めるためのヒントを見つけるために、この動画を参考にしてみませんか?

アトピーが悪くなってしまったとき、
どうしますか?

あたらしい会話を
取り入れてみるのはいかがでしょうか。

患者さんと医師が目標を一緒に決めて、治療を選んでいくあたらしい会話には一つの治療がうまくいかなくても、次のやり方を一緒に考えて進んでいけるというメリットがあります。

もしあなたがアトピーの治療をやめてしまった患者さんの一人だとしたら、会話の方法を変えてみるというやり方があるかもしれません。うまく治療を進めるためのヒントを見つけるために、この動画を参考にしてみませんか?

シンプルな準備から、「あたらしい会話」を

はじめてみませんか?

今、毎日の生活の中でどんなことに困っていますか?

アトピー性皮膚炎の「あたらしい会話」で大切なことは、まずはご自身がアトピーによってどんな問題を抱えているかを整理することです。

当たり前のことのようですが、実は、多くの患者さんが目の前の症状に注意が集中して、日常生活で感じるいろいろな問題とアトピーの関係に自身でも気づいてないことがあります。

シンプルな準備から、
「あたらしい会話」をはじめてみませんか?

今、毎日の生活の中でどんなことに困っていますか?

アトピー性皮膚炎の「あたらしい会話」で大切なことは、まずはご自身がアトピーによってどんな問題を抱えているかを整理することです。

当たり前のことのようですが、実は、多くの患者さんが目の前の症状に注意が集中して、日常生活で感じるいろいろな問題とアトピーの関係に自身でも気づいてないことがあります。